初秋Ver.に変更

d0142043_15423042.jpg

先日、鬼頭先生のレッスンで教わったリース。
朝晩はかなり涼しくなったとはいえ、日中の暑さもあって
お花がダメになってしまいました。
幸い、土台のヒバはまだ大丈夫でしたので
復習を兼ねて挿しかえることに・・・

秋を意識すると、どうしても使いたくなるのがオレンジやブラウン。
でもあえて、その2色をメインカラーとして使わずに
秋らしさを表現してみようと自分に課題を課して
近くの産直市場でチョイスしたお花で作ってみました。

実物がなかったので、たでの花のぽってりした穂で代替。
あとはくすんだピンクのリンドウとフジバカマでラインをとり
メインはサーモンピンクとシャーベットオレンジのバラです。
昼間の暑さの中に垣間見える小さな秋がテーマなんですが
お分かりいただけますでしょうか・・・
d0142043_1544135.jpg
彼岸花が売っていました。
定番の赤に白い彼岸花
そしてバランとアスパラも
セットでなんと1束100円!
私、変わっていると思うのですが彼岸花、好きなんです
くるっと上に向いた長い
めしべとおしべが何ともいえず好き♪
お彼岸の頃に咲くので死人花などと呼ばれ不吉な花ととられがちですが
別名の曼珠沙華という言葉には天上の花という相反する意味があるんですよ。
お彼岸の概念がないヨーロッパではその花姿の美しさから沢山の園芸種が作られています。

真っ赤な花が火を連想させるからか家に飾ると火事になるという
俗信もあるようですがそこは気にせず、2束購入し
玄関とリビングにリースで余ったお花たちとともに飾りました。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-09-25 16:27 | フラワーアレンジメント
<< GIFT BOX パリスタイルでリース >>