カテゴリ:フラワーアレンジメント( 12 )

ショートキャスケード

d0142043_170458.jpg

久しぶりの雨の日、鬼頭先生のパリスタイルのレッスンに行って来ました。
ディプロマコースの方のお一人が最後の課題であるキャスケードブーケをやるとのことで
私もお付き合いして一緒に課題をさせてもらいました。
 
今回はブライディを使わず、ワイヤリングでするスタイルだったので
他の皆さんがコスモスやリンドウ、ワレモコウといった
秋のお花のアレンジをやっているなか
二人で黙々とワイヤリングとテーピング。
時間の関係でショートキャスケードだったけど
完成した頃にはグッタリ・・・
花材はカーネーションだったけど、珍しい花色のものだったので
とてもシックな素敵な色合いで出来ました♪

ブーケと一緒に写っているのは
鬼頭先生が先日パリに行かれた際に買い付けてこられた食器です。
先生はテーブルコーディネートのクラスも持っていらっしゃるので
いつもフランスに行くと旬な食器を沢山買い付けられるととのこと。
こちらはベルギーのpomexというブランドのものだそうで
先生のご好意で自分のお教室用にC/Sとケーキ皿、それとシャンパングラスを
分けていただきました。
手持ちのC/S類は磁器ばかりで陶器のものは持っていなかったので
今から使うのが楽しみ♪
[PR]
by fleurdefleur | 2009-09-12 17:00 | フラワーアレンジメント

ディプロマ

d0142043_1563793.jpg

鬼頭先生よりお誘いを受けて
プリザーブドフラワーの短期講習を受講し
このほど、ディプロマをいただきました。
ディプロマを取得したので教えることが出来るそうなのですが
さらに“花・芸術文化協会”の試験をうけると
晴れて認定校として協会のバックアップを受けて
活動することが出来るとのこと。
当面、自分自身にそんな予定はないので
東京まで試験を受けに行かず、名古屋地区であるときに
試験を受けるつもりではいますが
試験に受かっても、教えることはしないと思います。
先日、東京にて試験を受ける方がいらっしゃるとのことで
お付き合いして、試験課題の練習に行って来た際につくったのがコチラ。
私はやっぱり生花のほうが好きだなぁ・・・
[PR]
by fleurdefleur | 2009-08-10 15:25 | フラワーアレンジメント

前世はドイツ人

d0142043_15393596.jpg

鬼頭先生の生花のレッスンに行って来ました。
今回のお題は
①ラウンドであること
②花材を構造的に使うこと。
①と②を守ればあとは自由ということでした。
鬼頭先生のレッスンは
デモが終わると、作品は分解されてしまい見本として残らないのですけど
今回はデモすらなく・・・
どうやってやったらいいものか、頭を抱えてしまいました。
どちらかというと、ナチュナルな感じのアレンジが好きなので
作りこんだ感じのアレンジは苦手。
構造的に・・・作りこんだ風に・・・と進めていくと
何とか丸い形で、自分なりにお題どおりにできあがりました。
先生に見てもらうと、見るなり
『ドイツって感じね♪ 前世、ドイツ人だったんじゃない?(笑)』

あまりにも作りこみすぎて、ドイツスタイルになってしまってました。
コレもアリということでOKはもらいましたが
パリスタイルのお教室なのにねぇ・・・反省。
パリへの道のりは遠いです・・・
[PR]
by fleurdefleur | 2009-07-02 22:02 | フラワーアレンジメント

ニッポン ノ ココロ

d0142043_1652398.jpg

いけばなの展覧会に職場の方達と行って来ました。
というのも、職場の仲間であるトルコ人の留学生の奥様が
来日以来、いけばなを習っていて今回作品を出品されたからです。
まだまだ、初心者ということもあって大作ではありませんが
トルコ製の素敵な花瓶にすっきりとお花を生けてあって
とても好感のもてる作品でした。
家庭でいけばなを楽しむには充分過ぎるレベルですよね。
日本語が分からない状態で習い始めて
本人の努力はもちろん、お師匠さんの懐の深さに感服しました。
さて、そのお師匠さん。
とっても明るく楽しい方でした。
奥様が私達をお師匠さんにご紹介してくださったのですが
その時、お師匠さんが私達に
『どちらの国の方??』
『(どちらのって)・・・・・・日本人ですけど・・・・』
『えっ!! 日本人なの??』

どうやら、外国の方のお友達は外国の方だと思い込んでいたらしいです。
一体、何人だと思ったのかなぁ・・・
おそらく中国が韓国の方だと思ったんだろうけど・・・・
ちょっと、可笑しかった☆
[PR]
by fleurdefleur | 2009-06-28 23:05 | フラワーアレンジメント

悲惨なお庭

d0142043_15125942.jpg

激しく雨がふる土曜日午後。
先月は熱発してお休みしたので2ケ月ぶりに
鬼頭先生のフラワーアレンジのレッスンに行ってきました。
今回は自分でブーケアシストを作り、それを使ったパリスタイルのブーケ。
目の覚めるような明るいグリーンのビバーナムと
繊細な咲き方の国産・ライラックの取り合わせが個人的には大好きです。
翌日、テニスのお友達がうちに来てくれるので
早速、玄関のニッチに飾りました。

さてさて・・・翌日もすごい雨!
おまけに風も強くて・・・
せっかくお庭のバラを見に来てくれたのに
散りまくった花びらがてんこ盛りのクチャクチャなお庭で
何だか申し訳なく・・
これに懲りず、来年も見に来てくれるといいな~

この土日のザザ降りのお陰で、我が家のバラも終了です。トホホ
あっけなかったな・・
お天気悪いせいで、黒点病の出方がいつもより早いし
灰色カビ病も出てきました。
もう、踏んだり蹴ったり!!

 ↓ 写真は在りし日の クラウン・プリンセス・マルガリータとアブラハム・ダービー
   どちらも棘がきついけど、大輪の香り豊かな花を咲かせてくれます。
   そして、黒点病にかかりやすいです・・

d0142043_15131147.jpg
d0142043_15132270.jpg

[PR]
by fleurdefleur | 2009-05-18 00:34 | フラワーアレンジメント

予定外のブーケ

d0142043_169555.jpg

今月は春の花を沢山使ったものと聞いていたので
楽しみにして出かけた鬼頭先生の生花のレッスン。
着いた早々、挨拶もそこそこに
先生が 『花器って持ってきた?』 『花器?????』

どうやら、先生が前回使用した花器を持ってくるよう言うのを忘れてしまったらしく
急遽、ブライディを使ったラウンドブーケを作ることになりました。
ブーケを作るのなんて、自分の結婚式以来・・10年ぶり。
頭の遥か彼方に追いやられた遠い記憶を手繰り寄せながら
完成したのがコチラ。
ピンクベースのフワフワしたラブリーなブーケ♪
帰宅して、早速主人に見せたところ
『もう、そういう可愛い系は限界だね~ 似合わないよ。』と言われる始末。
別に持って外を歩くわけじゃないし・・・
その辺は私も心得てるつもりですけどっ =3
次回はワイヤリングのキャスケードブーケ。
ワイヤリング・・・めんどくさいからあんまり好きじゃない・・
ちょっと気が重いなぁ~~

d0142043_1691664.jpg
主人からは何のお返しもありませんでしたが(苦笑)職場の上司から、ホワイトデーのお返しを頂きました。
ラベイユの蜂蜜。
名古屋だと松坂屋の北館にお店があって、何度か買ったことがありますが自分では選ばないタイプを頂いて興味津々。特にPINは松のことなんですけど、どんな味か楽しみです。
[PR]
by fleurdefleur | 2009-03-16 00:43 | フラワーアレンジメント

クリスマスのドア飾り

d0142043_20172593.jpg
土曜日は鬼頭先生のパリスタイルのお教室へ。
リースは10月にやったから、クリスマスのテーブルアレンジかな?と思っていたら
クレッセント形の壁飾りでした。
クレッセントは何度か昔にやったことがありますが、壁飾りは初めて。
フレッシュフラワーなので自宅の壁には飾れないので
玄関ドアにかけてみました。
ここ最近の冷たさで、外のほうがかえって花もちがいいかも。
玄関用のリースをまだ作っていなかったのでちょうどよかったかな~(笑)


d0142043_20173863.jpg
こちらは全体像。
アイビーをかなり長く使っています。
ナチュナルな感じがパリっぽいかなと
思っていますが・・
これもクレイで再現しちゃおっかな~~

鬼頭先生に誘われて、今月からディプロマコースに編入することになりました。
昔、長くアレンジをやっていたこともあって、カリキュラムは1からでなく飛び級でさせていただくことになりました。
ディプロマとったあとに生花のお教室をしようとは毛頭考えていませんが、過去にとらなかったことを少し後悔していましたので
この度、お声をかけていただき、これも何かの縁と編入を決めました。
今よりもっときちんと取り組んでいきたいと思います。

d0142043_20175067.jpg
日曜日は主人のパスポートの更新手続におつきあいして名古屋駅へ。
名古屋駅でランチタイムを迎えたら、やはりここにいかなくっちゃ!!ということで
半ば強引に出来たてホヤホヤの
“ブラッスリー・ポール・ボギュース・ラ・メゾン”へ。
うっかりしてガッツリ朝食を食べてきてしまったので
1500円の本日のランチをいただいてきました。
このランチはメイン・デザート・パンの3品でドリンクは別料金。
今日のメインは子羊のナヴァラン(←煮込みのこと)


d0142043_2018614.jpg
子羊のクセがガツンと効いていますが、軽いトマトソースとの相性はバッチリ!!
ソースは軽いけどトマトの酸味と子羊の旨みのバランスがとてもよく
付け合せのお野菜もきちんとブイヨンでマリネされてておいしかったです。
バケットは外パリパリの中ふんわりの私好み。
バターは別料金になるのでトマトソースをつけながらいただきました。
デザートはクリームブリュレ。
これでもかっ!!とたっぷりバニラビーンズ入りの甘さ控えめのクリームと
パリパリのキャラメルのほろ苦さがマッチして大人のデザートになっていました。
コーヒー(別料金)もおいしかったですよ。
d0142043_20181440.jpg
出来たばかりで並びますけど、席数が多いので回転が早いから割とすぐに入れます。
ただ、ブラッスリーとあるように
かなり雰囲気はカジュアル。
お隣の席も近いし、かなりガヤガヤ賑やかです。
きっちりサービスを受けたい、
ゆっくり食事を楽しみたいのなら
同じHiramatsuグループのオーベルジュ・ド・リルをお勧めします。
気軽にフレンチを楽しむのなら、とても良いお店じゃないかな。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-11-24 20:18 | フラワーアレンジメント

パリスタイルのブーケロン

d0142043_14214429.jpg

今月のパリスタイルのフラワーレッスンはブーケ。
ブーケといっても色んなスタイルがあるわけですが
今回はセンスの良いお花屋さんの店頭やフラワー雑誌にもよく掲載されているブーケロン
パリのお花屋さんで は定番のスタイルです。
ブーケロンとはフランス語でBouquet Rond=丸い花束という意味。
360度、どこから見てもいいように仕上げていきます。
といっても、ただギュッと束ねれば良いのではなく
花の組み方に特徴があって、慣れないとなかなか上手く出来ないものなのです。

と・・・偉そうに言っている私ですが
長くフラワーアレンジをやっていたとき鬼門だったのがブーケ。
左手の握力が弱いのか花数が多いと持っていられなくなり
途中でバラバラになることが多かった~~
その当時は1本中心になる花を芯にしてそのまわりをぐるっと束を回転させながら
花を組んでいく手法でしたが、今回のパリスタイルはまたやり方が違っていて
私にとっては作りやすいブーケでした。
このブーケロン、マスターすれば我が家のお庭で咲いたへっぽこローズも
おしゃれに変身してお友達にプレゼントできそうです♪

d0142043_142155100.jpg
先日、女優の酒井美紀さんがご結婚されたのをご存知でしょうか?
酒井美紀さんが東京の鬼頭先生のレッスンに通っていらっしゃるご縁で
今回の結婚式の装花は先生がされたんだそうです。
記者会見のときに持っていたブーケももちろん先生が手がけられたもの。

お茶のときに、その裏話とかしてくださり、興味深かったです。
写真は先生が持ってきてくださった、酒井美紀さんの結婚式の引き菓子。
カールユーハイムといって東京で今、とても人気で並ばないと買えないとか・・・
残念ながら名古屋にお店はないようですが、ネットで買えるようです。
お味のほうは、上品な甘さでふんわり、しっとりしていてとてもおいしかったですよ。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-10-27 15:29 | フラワーアレンジメント

初秋Ver.に変更

d0142043_15423042.jpg

先日、鬼頭先生のレッスンで教わったリース。
朝晩はかなり涼しくなったとはいえ、日中の暑さもあって
お花がダメになってしまいました。
幸い、土台のヒバはまだ大丈夫でしたので
復習を兼ねて挿しかえることに・・・

秋を意識すると、どうしても使いたくなるのがオレンジやブラウン。
でもあえて、その2色をメインカラーとして使わずに
秋らしさを表現してみようと自分に課題を課して
近くの産直市場でチョイスしたお花で作ってみました。

実物がなかったので、たでの花のぽってりした穂で代替。
あとはくすんだピンクのリンドウとフジバカマでラインをとり
メインはサーモンピンクとシャーベットオレンジのバラです。
昼間の暑さの中に垣間見える小さな秋がテーマなんですが
お分かりいただけますでしょうか・・・
d0142043_1544135.jpg
彼岸花が売っていました。
定番の赤に白い彼岸花
そしてバランとアスパラも
セットでなんと1束100円!
私、変わっていると思うのですが彼岸花、好きなんです
くるっと上に向いた長い
めしべとおしべが何ともいえず好き♪
お彼岸の頃に咲くので死人花などと呼ばれ不吉な花ととられがちですが
別名の曼珠沙華という言葉には天上の花という相反する意味があるんですよ。
お彼岸の概念がないヨーロッパではその花姿の美しさから沢山の園芸種が作られています。

真っ赤な花が火を連想させるからか家に飾ると火事になるという
俗信もあるようですがそこは気にせず、2束購入し
玄関とリビングにリースで余ったお花たちとともに飾りました。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-09-25 16:27 | フラワーアレンジメント

パリスタイルでリース

d0142043_10322457.jpg

先週も予定ビッチリ・・・
くたくたがぐにゃぐにゃになりそうな疲れに襲われております。
月・水・金はお仕事。
火曜は前回の日記に書いたとおり。
木曜・金曜は連チャンで夜のお食事会。
特に木曜日は名古屋で日中、習い事の後、久しぶりに会う友人との食事だったので
話題は尽きず・・・結構遅くなってしまいました。
金曜日は仕事の後、台風の中、職場のオフィシャルの壮行会。
土曜はお彼岸の入りの日ということもあり
午前中にお墓参りに行ったあとすぐに鬼頭先生のパリスタイルのお教室へ・・
今回はリース。
ヒバをグルリと挿したクラシカルなスタイルのものです。
色合い的には、ふた足くらい早いクリスマスといった感じになりました。
リースでの花の挿し方のポイントや今季のトレンドなど
今回も実りあるレッスンでした。
来月はどんなのかな~
今からとっても楽しみです♪

で、レッスンの後は翌日私の実家の両親がくるのでその買出しに。
そして夜はナナちゃんをシャンプー。
日曜は早起きしてランチやデザートの支度、お庭やお部屋を整えて、両親をお出迎え。
両親が帰宅後は片付けして、束の間の休憩。
夕方から、欲しいものがあるという主人の買い物にお付き合い。
お外でお食事後、主人の海外出張の準備のお手伝い。
そして、今朝は6時前に主人が家を出るので、5時前に起きて食事の準備とお見送り。
ようやく今日から少しゆっくり出来そうな気配・・
主人は2泊3日で中国なんですが
そのスケジュールは殺人的・・・いつ寝るの??といった具合です。
2泊の中で中国国内の2都市移動(もちろん飛行機です)
それぞれ夜はご歓待を夜更けまでしていただくみたいだし・・・
3日といいつつも朝1の便で帰ってくるので、昼からは職場に戻り
通常業務をするそうな・・
最近はこんな強行軍ばかり・・
若かりし頃の時間に余裕ある海外出張が懐かしい。
一家の主はホント大変ですね。
でも嫁はこの機会にのんびりさせてもらいます・・ゴメン!!
d0142043_10323463.jpg

[PR]
by fleurdefleur | 2008-09-22 11:08 | フラワーアレンジメント