カテゴリ:薔薇&ガーデニング( 32 )

家政婦は見た!

d0142043_14365833.jpg
皆さんはどんなGWを過ごされましたか?
我が家は日帰り温泉にいったり、マッサージやリフレクソロジーにいったりして
のんびり過ごしました。
お天気の良い日は久しぶりにゆっくりとお庭のお手入れも。
テニス仲間よりバラを見たいとの要望があり
プチ・オープンガーデン(??)をすることになったので
特にバラの葉の整理を頑張りました。
出開きの芽を掻いたり、ブライドの枝をカットしたりして、全体をすっきりとさせました。
めんどくさいですが、コレをすると風通しがよくなるので虫や病気の予防、
ブラインドからは新たに花が期待できます。
いよいよ彼らが来る日も決まったのでどんなおもてなしをしようかなぁ~
お天気がよく、バラも沢山咲いてくれているといいな♪

上の写真はまるで市原悦子さんのように私の行動をチェックしているナナ。
お庭のバラが咲きだしたので雨間をぬって何枚か写真を撮っているところを
じぃ~っと監視しています(笑)
また今年も我が家のバラをみなさんにご紹介したいなと思っています。
バラ・ネタが続きますがお付き合いくださいませ・・・
さて、ナナと一緒に写っているのはイングリッシュローズのアンブリッジ・ローズ。
とても女性受けがよい人気のバラです。
今年はいつもの年より元気! 鉢替えしたのがよかったのかな?

d0142043_1783532.jpg


毎年、うちの一番バッターを務めているのがイングリッシュローズ・
メアリーマグダレン。
陶器のような質感の花びらがとてもきれいなんですよ。
こちらも今年は超絶好調!!
ツボミがついていない枝がないほどワンサカ花をつけてくれました。
“秘薬”が効いているせいかも・・・







d0142043_1784449.jpg
こちらは、いつもよりスタートダッシュが早いハッピーチャイルド。
イングリッシュローズにしては珍しいパッキリとした黄色です。
あんまり市場に出回らない品種ですが私はこのまぶしい黄色が大好き。
咲くとぱぁ~っとあたりが明るくなるんですよ。


d0142043_14371218.jpg
先日頂いたデカレモンを使って
レモン・マーマレードを作りました。
その出来上がったマーマレードでレモン・ケーキを焼いてみました。
こちらは、職場に差し入れします。
[PR]
by fleurdefleur | 2009-05-08 00:08 | 薔薇&ガーデニング

ニュースは本当

d0142043_1562434.jpg

今年もラベンダーが咲きました。
ラベンダーには色々種類があって香りを楽しむもの、花姿を楽しむものなどありますが
うちのは、フレンチラベンダーという種類のもので、花姿を楽しむ種類です。
紫のウサギの耳のような苞がカワイイでしょ♪

さて・・毎年、ラベンダーが咲くと沢山のミツバチがやってきて
蜜集めはもちろん花粉団子作りにせっせといそしんでおりました。
なのに今年は一匹も来ない・・・
見かけたのは大きなクマバチだけ・・
(クマンバチ(スズメバチの俗称)と間違えられますが、クマバチは花の蜜を吸うおとなしい蜂です。)
最近、ニュースでミツバチがいなくなって大変だとやっておりましたが
やはり、本当にいないみたい。
いなくなった理由もいくつかあるみたいですが、コレが原因というものは
はっきりしないみたいですね。
ミツバチは人間にとっても、植物にとっても有益な昆虫なので
以前のように戻るといいなと思います。

d0142043_1563234.jpgこちらは職場の方からいただいた、完全無農薬・デカレモン。
官舎の庭にレモンの木があって、そちらで実ったものだそうです。
普通のレモンの4倍くらいありそうなくらい大きいのですよ!
でも、私が頂いたのは小ぶりなもので、一番大きかったのはボーリングの玉くらいありました。
あまりの大きさに、遺伝子改変・レモンだったりして~なんて職場柄、まんざら嘘でもなさそうなジョークを言ったりしてました。
一番大きなレモンを頂いた方はレモン酒を作るとのことでしたが、私は何を作ろうかな?
[PR]
by fleurdefleur | 2009-04-26 23:58 | 薔薇&ガーデニング

今年は失敗・・

d0142043_14265249.jpg
今年も どうだっ!!と言わんばかりに、道行く皆さんに200球チューリップを楽しんでいただく予定だったのにどうも不発・・

理由は2つ。
黄色のチューリップが丈が低い品種だったらしく、ご覧のとおり背の高いピンクの後に隠れてしまって
存在感・薄。
去年みたく、品種や系統にこだわらずに買ったから、色が黄色ということしか情報がなかった・・
ピンクと黄色、前後が違って植えていたら・・と思うけど、もうあとの祭り。 はぁ~(ため息)

もう1つは、4月に入ってからの異常な暑さ。
夏日が続いたので、咲いたはいいが咲いたと同時に暑さで
花びらがカリカリ、チリチリに・・・
花の命は短いけれど、それにしても異常な短命で終わってしまった。
けっこう、いい値段出して買った球根だったのになぁ~~
来年は100球1,000円のお値打ちなものにしようか・・・
せめてもの救いは、いつもの年より異常に早くから咲き出したデルフィニウムが
チューリップの代わりをしてくれているところでしょうか・・
ホント、ガーデニングは難しいっ!!
d0142043_14283784.jpg
我が家のお庭も、毎日緑がモコモコわくように、賑やかになってきました。
バラもツボミはもちろんチラホラと咲き出したものもあります。
賑やかになるとということは、その分庭仕事も増えるわけで年のせいか、その忙しさに身体がついていけなかったらしく先日、ついにパンク・・久々にダウンしました。
私、もっぱら熱に強い体質でして、37度台はもちろん38度前半でしたら普段と変わらず動けちゃうのです。

d0142043_14271152.jpgそういえば、学生時代38度台の熱でも期末試験受けて、見たことのない点数をとってビックリしたことがありましたっけ。(身体は動いても、さすがに脳ミソは停止していたらしい・・・)
それが仇となって、しっかり休養せず日中ごそごそするものだから、夜39度台の熱を出すというのを数日繰り返し復活するのに時間がかかりました。
休養したいのはヤマヤマですが、主婦ってやらなくてはいけないこと多いし、悲しいかな主人が何も出来ない人なので何日も何もせず寝ていられないのです。
次回はこんなことにならないように、主人に少しは家事をおぼえてもらわないといけないですね。
d0142043_14285484.jpg
写真は、花壇の様子。
上から
イフェイオン(ハナニラ)、スノーフーク。
ジューンベリーの木に絡ませたクレマチス・モンタナ・エリザベス。
甘いお化粧のおしろいのような良い香りがします。
そして、異常に増えたアリウム。
かわいいんだけど、切るとニラの匂いがするんですよね・・・微妙
[PR]
by fleurdefleur | 2009-04-22 00:16 | 薔薇&ガーデニング

剪定しました

d0142043_15245530.jpg
やろうと思っていた日に雨が降ったり、異常に寒かったりして
出来ずじまいだったバラの剪定&誘引&消毒。
ようやく本日
5●本全てやれました。 ホッ・・
いつもより浅めに剪定したので
今年は沢山咲いてくれるかしら。
私の期待の星は
アーチに絡めたスノーグースと
アッシュ・ウェンズデイ。
植えたばかりだったり
調子が悪かったりして
アーチのバラが2本揃い踏みするの
は久しぶり。
皆の目を引くほど豪勢に咲いてくれるといいんだけどなぁ・・

d0142043_1525453.jpg 
         さて結果はどうなることでしょうか。
         写真は剪定のとき切り落とした花
         と剪定後の様子。
         もったいないので、花瓶に生けて
         みました。
         お部屋の暖かさで開いてくれたら
         いいのだけど・・・




d0142043_14571326.jpg
今月ももう終わりですねぇ・・
ということはまた一歩大台に近づくというわけで。
最近特に思うのは、見た目は若くありたいけど
精神年齢は年相応でありたいな・・ということ。
重ねた年月で得た経験を生かし常に最善の判断ができる人になりたいなぁと・・・
もう、なりたいではなくて、そういうことが出来る人になっていないといけないんでしょうけどね。
年齢的には・・
まだまだ人生、修行です。


d0142043_1457616.jpg
今月も時間のやりくりをしてクレイとアレンジメントそれとパン教室にもいってきました。
クレイは迷ったけどダークな色調のほうに。
アレンジは私が苦手なドイツスタイルで
“ユーバーシュナイデント”
(パラレルの交差)というスタイル。
途中、鬼頭先生からも
その挿し方つまんないわよとダメだし。
そうだとは思っていたんですけどね・・
やはりそうでしたか・・直しま~す(泣)
今も昔もドイツスタイルが苦手なのは変わらないなぁ。
[PR]
by fleurdefleur | 2009-01-29 23:57 | 薔薇&ガーデニング

復活しました!

d0142043_1432133.jpg

この夏、カミキリムシにやられ瀕死状態だった
イングリッシュローズのグラハムトーマス。
手当ての甲斐あって復活、しかもこの時期に花まで付けてくれました。
イングリッシュローズの黄色の花のものは秋に花をつけないことが多いのですが
あんなヒドイ状態だったのにも関わらず、花を咲かせてくれて感激です。
早速、切り取ってお部屋に飾りました。
この冬はゆっくりお休みして、来春にまた美しいお花をみせてちょうだいね♪
[PR]
by fleurdefleur | 2008-12-12 14:40 | 薔薇&ガーデニング

バラの植え替え

d0142043_063959.jpg
早いものでもう12月ですね。
今年も例年のようにあっという間に終わりを迎えようとしています・・

さて、11月は念願だったお教室をスタートさせ
このほど体験レッスンが何とか終わりました。
会社勤めの際、人に教えるという機会があり
自分なりにコツが分かっているつもりでしたが
こういった芸術は
数学や理科のように公式に当てはめて
スパッと答えが出るものでなく
会社の事務のように決まりごとを
忠実にこなすものでもなく
“感覚”という玉虫色の世界で正解があるようでない。
なかなか難しいものでした。
そのほかの面においても、頭で思っていたよりずっと大変で
この生活リズムに慣れるまでかなりかかりそうです。
今後も色んな方法を試しながら自分の方向性をみつけられたらと思います。
d0142043_1526252.jpg
こんなバタバタしている時期でもやらねばならぬことはやらないといけません。
お庭の植え替えをまずはやっつけました。
バラの植え替えは本に拠ると
もう少し寒くなってから・・とありますが
尊敬している有名ローザリアンの方が11月にやるのを推奨されていたので
昨年からこの時期にしています。
その方のいうことをただ闇雲に受け入れているわけではありませんよ。


d0142043_15261990.jpg
理系出身なので
論理的でないと受け入れられないと言いつつも
真冬の寒い中、やりたくないだけなんですけどね。
まぁ兎にも角にも無事、50鉢超えの植え替えが済んで
肩の荷がおりました。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-11-28 00:06 | 薔薇&ガーデニング

おそろいとご褒美

d0142043_1553644.jpg

先日行った花フェスタにて購入した、Yさんとお揃いのフレグランス。
河本ばら園作出のブルーへブンというバラの香り。
20年という長い年月を掛けて作り出された品種です。
中部国際空港の開港記念のバラに選ばれ
“セントレア・スカイローズ”という別名もあります。
ブルーとついてはいますが、実際はシルバーがかった淡い紫の花。
バラはもともと青の色素を持っていないので、昔ながらの掛けあわせという交配方法では
青のバラは作り出すことができないといわれています。
そういういきさつもあってか、ヨーロッパでは
ブルーローズ=不可能を意味するんだそうですよ。

このバラの香りですがブルーローズ特有の爽やかな軽い香りで、嫌味がありません。
といいつつも、香りで選んだと言うより、パッケージで選びました。
蓋のリボンの色とラベルが一番合っていたから・・・
これに合わせて購入したのが、カービングのキャンドル。
紫の花びらの質感が何とも言えずキレイで
店員さんに在庫を出してもらって見せてもらったのだけど
展示されていたのが一番よかったので、無理言って展示品を譲っていただきました。
ピンクのイングリッシュローズとともに真綿にくるまれて
我が家にやってきました。
さぁ、どこに飾ろうかしら?
d0142043_15532294.jpg

11月の最初の土曜日。
休日出勤でした。
お仕事をがんばったら、ご褒美にコンフィチュールを頂きました。
こちらは神戸の北野ホテル、山口シェフプロデュースのお店イグレッグ・プラスのもの。
北野ホテルといえば、世界一のブレックファーストで有名ですよね。
マンゴーとオレンジとピンクペッパー
マロンとバニラ
どちらもおいしそう♪
[PR]
by fleurdefleur | 2008-11-10 15:54 | 薔薇&ガーデニング

秋の花フェスタ

d0142043_15403421.jpg
抜けるような青空のもと、初めて秋の花フェスタに行ってきました。
春のむせ返るような香りとバラの花の海と化した庭園とくらべると
かなりさみしかったのですが、それでも沢山のバラの花が迎えてくれました。
おしゃべりしながら
あてもなくふらふら散策。
気にいったお花を見つけてはカメラをむけてプチ撮影会。
ここ最近、色々やるべきことが沢山あってカチコチになっていた頭も
ゆったりとした時間を過ごすことで開放されてよい気分転換になりました。

d0142043_15402472.jpg


d0142043_15412591.jpg








d0142043_15395645.jpg
秋のバラときたら、バラの実も楽しみの一つ。
実は春には楽しむことが出来ませんから・・
大きさも形も様々で、それぞれ個性があっておもしろい。最近はフラワーアレンジの花材として扱われることも多いですしローズヒップという名称でジャムやハーブティーなどに利用されていますね。ビタミンCの含有量が多く、ヨーロッパでは戦時中、ビタミンCを補うための大事な食料だったようです。
バラは花良し、実もよし、香り良し。
更に根元の太くなった幹はキセルの材料にもなるとか。バラの木で出来たキセルは高級品なんだそうですよ。魅せられる人が多いのも納得です。

d0142043_15404255.jpg
ランチは、ヘリポートもあるフレンチレストラン“リリアーヌ”へ。
テレビや雑誌に取り上げられることも多く、一度行ってみたかったので
とても楽しみにしていました。
木曽川の流れを眼下に眺めつつ他愛ないおしゃべりしながらいただくお食事は格別でした。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-11-07 16:36 | 薔薇&ガーデニング

お庭の大掃除

d0142043_14565574.jpg
暑くもなく、寒くもないこの僅かな期間だけにしかできない我が家の年中行事をしました。
それは高圧洗浄機“ケルヒャー”を使ってのお庭の大掃除。

庭のレンガやブロック、駐車場のたたきの部分って経年の汚れで黒くなってきますでしょ?
汚れも味のうちなのかもしれませんが、どうも我が家は受け入れられないので、これをケルヒャーの高圧をかけたお水で吹き飛ばしてしまうわけです。
すると下の写真の左部分のようにキレイになります。

d0142043_14564437.jpg
新品同様とまでとはいいませんが、かなりキレイになるので外から見たとき、お家全体が明るくなります。
ふつう、水を掛けたところって水が浸み込み黒っぽくなるわけですが
ケルヒャーをかけたところは白っぽく明るくなり、よごれが落ちてる~って実感できます。
それが癖になりあっちもこっちもケルヒャーしたくなるのです。

暑くも寒くもない気候なら春でもいいじゃないかというお声が聞こえてきますが
汚れというか水垢というかコケというのか・・・は梅雨頃から増殖しだすのですよ。
なので、秋口の今が一番いいのです。
さて、このケルヒャー。
年間の稼動率を考えると、かなり値の張る道具ですが
持っていて損はないかなと思います。
あと、ケルヒャーした日は振動からくる筋肉痛と倦怠感に襲われることを
お覚悟くださいませ。
[PR]
by fleurdefleur | 2008-10-20 15:39 | 薔薇&ガーデニング

ガーデニングでエコ

d0142043_1551479.jpg
『立派ですね~ 
何ていうお花ですか?』
道行く人、中には車で通りかがってわざわざ降りて聞いてこられる方もいらっしゃいます。
このお花は“サンパチェンス”
インパチェンスの交雑種でサカタのタネさんが手がけた品種です。
日当たりが良すぎて夏花壇作りに頭を悩ませていた時に発売され
お日様が大好きという一文に、これだっ!!っと買い求めたのが最初。
今年で3年目になりますが、うちの環境があっているようで、毎年、皆さんからお褒めいただくほどとても大きく育ってくれます。

d0142043_1552454.jpg
このサンパチェンス。
データによると大気汚染物質の二酸化窒素(NO2)やホルムアルデヒドといった有害物質を吸収する能力が他の植物より優れているのだとか・・・
もともと植物は光合成を行うさいに二酸化炭素(CO2)を吸収し酸素(O2)を放出していますがサンパチェンスは他の植物より多くのCO2を吸収するんだそうです。
ということは、O2も沢山放出する訳で地球温暖化に一役かえるかも!?
育てていますと、全くこういった効能については実感がないのですが、このような大車輪的活躍をしているせいか、お水を沢山欲しがります。
d0142043_15521321.jpg
真夏は朝、昼、夕と3回あげないといけないのでその点はマイナスかな~
でもお手入れもほとんどいらないし、あまり虫もつかず育てやすいお花なのでお勧めです。
サカタのタネさんで、サンパチェンスのコンテストをやるとのこと。
去年は応募しなかったけど、今年は応募してみようかな~
                              良い結果がでたらご報告しますね♪
[PR]
by fleurdefleur | 2008-10-10 16:20 | 薔薇&ガーデニング