悲惨なお庭

d0142043_15125942.jpg

激しく雨がふる土曜日午後。
先月は熱発してお休みしたので2ケ月ぶりに
鬼頭先生のフラワーアレンジのレッスンに行ってきました。
今回は自分でブーケアシストを作り、それを使ったパリスタイルのブーケ。
目の覚めるような明るいグリーンのビバーナムと
繊細な咲き方の国産・ライラックの取り合わせが個人的には大好きです。
翌日、テニスのお友達がうちに来てくれるので
早速、玄関のニッチに飾りました。

さてさて・・・翌日もすごい雨!
おまけに風も強くて・・・
せっかくお庭のバラを見に来てくれたのに
散りまくった花びらがてんこ盛りのクチャクチャなお庭で
何だか申し訳なく・・
これに懲りず、来年も見に来てくれるといいな~

この土日のザザ降りのお陰で、我が家のバラも終了です。トホホ
あっけなかったな・・
お天気悪いせいで、黒点病の出方がいつもより早いし
灰色カビ病も出てきました。
もう、踏んだり蹴ったり!!

 ↓ 写真は在りし日の クラウン・プリンセス・マルガリータとアブラハム・ダービー
   どちらも棘がきついけど、大輪の香り豊かな花を咲かせてくれます。
   そして、黒点病にかかりやすいです・・

d0142043_15131147.jpg
d0142043_15132270.jpg

[PR]
# by fleurdefleur | 2009-05-18 00:34 | フラワーアレンジメント

今年のバラ

d0142043_1432097.jpg

d0142043_13584424.jpg今年のお天気はローザリアン泣かせ・・・
今週末もお天気・・悪いようですね。
咲いたと思ったら・・・激しい長雨。
止んだと思ったら・・・連日の真夏日。
雨で痛んだ花が一気にカリカリ・チリチリ。
気温が高いから、ツボミがポンポン開いて、すぐに散ってしまうし~
一番キレイな時期を天気にやられ、あっという間にバラも終盤になってしまいました。
いつもの年よりピークが2週間早く、しかも短かったです。
こうなったら、二番花に期待しましょう!
上の写真はフレンチローズのシャンテ・ロゼ・ミサト。
左はイングリッシュローズのストロベリー・ヒルです。

今週、ローズクラフトのお教室に行ってきました。
今月もちっちゃいバラが沢山でしたけど
2ケ月続いたハードな作品とは一変してかなりゆったり☆モードで作れました。
それなのに・・・
最近、自宅で大輪のバラを作ることが多かったのもあって
小さくしたつもりが、一回り大きいバラになってボリューミィーな篭になっちゃいました・・・
右は先月の作品。
熱発していて写真に収めるのを忘れていました。
大変だったカーネーション。
可愛いから、また作ろうかな。
d0142043_1433394.jpgd0142043_1434218.jpg
[PR]
# by fleurdefleur | 2009-05-15 00:12 | ローズクラフト・クレイフラワー

母の日

d0142043_13503764.jpg

昨日は母の日でしたね。
毎年、母の日は義母と食事&何かしらのものをあげるのが恒例となっています。
実家の母から、嫁に行ったのならば実家より嫁ぎ先が優先と
きつくいわれているのでこの日に実家に帰れないのが残念ですが
5月中には実家にも足を運ぶようにしています。
折からの不況の影響もあり、今年は今までのように豪勢にとはいきませんでしたけど
岡崎で3本の指に入るといわれている和食屋さんに伺いました。
そして・・何かしらのものは、ローズクラフトのアレンジを。
レッスンで使用したカラーサンプル用のアネモネと余った資材で・・・
カーネーションでないのはご愛嬌(笑)

d0142043_13504837.jpg

人気店の“酒肴菜飯 さくら” さん。
今回はおまかせ料理をお願いしました。予約するのが遅くて、カウンター席でしたがカウンターとは思えないほどゆったりお食事が出来ました。



d0142043_13505766.jpg

“とろろ豆腐”

柔らかな卵豆腐のうえに流し込まれたきめ細かいとろろ。
かけられてあるのは、お出しと酸味が効いた土佐酢。
食材の組み合わせも盛り付け方も
これはうちでも、真似できそう。



d0142043_1351861.jpg

お造りは平目。
ピッと身が締まっていておいしかった♪
ツマのミョウガがこれから来る夏を感じさせてくれました。


d0142043_13511927.jpg
“鰆の木の芽焼”
魚に春と書いてサワラ。
文字通り、春を代表するお魚に春の食材の木の芽を合わせた春らしい一品。
淡白な鰆には木の芽と西京味噌の味と香りが良く合います。

d0142043_13513080.jpg

“蓬しんじょの酢味噌かけ”

さいの目に切られた蓬麩を白身魚のすり身でふんわりくるみ蒸しあげたもの。
モチモチしたお麩としんじょの組み合わせがおもしろく
蓬の良い香りが印象的なひと皿でした。
蓬は邪気を払う効果があることから端午の節句に使われるとのことです。

d0142043_13514085.jpg
“そば寿司”

5/2は八十八夜だったからでしょうか・・
新茶にかけて
茶蕎麦のそば寿司でした。


d0142043_13515596.jpg“サーモンのエスカベッシュ”
お酢のパンチの効いた緑と紫のキャベツを添えにパリッと揚げられたサーモンの組み合わせがとても良かったです。
黒とゴールドのリムが目を引くノリタケのスープ皿に盛りつけられていました。
このようにスープ皿を使うのもいいですよね。
今度、実践してみよう!

d0142043_1352475.jpg“あやめご飯・赤だし・香の物”
お店の方に伺ったところ、ご飯の黄色はくちなしの実を細かく刻んで炊き上げたからだそう。
超大粒の黒豆も入っています。
なぜアヤメなのかは、帰宅して調べても良く分かりませんでしたが、静岡県の一部で端午の節句にくちなしで色付けしたご飯を食べる風習があるとのこと。
端午の節句の頃に咲くのがアヤメだから、そういう名前にしたのかな???
デザートは冷やし汁粉でした。
やはり季節を大事にする日本食はいいですよね~
また、地元のお気に入りのお店が増えました。
[PR]
# by fleurdefleur | 2009-05-11 00:53 | ローズクラフト・クレイフラワー

家政婦は見た!

d0142043_14365833.jpg
皆さんはどんなGWを過ごされましたか?
我が家は日帰り温泉にいったり、マッサージやリフレクソロジーにいったりして
のんびり過ごしました。
お天気の良い日は久しぶりにゆっくりとお庭のお手入れも。
テニス仲間よりバラを見たいとの要望があり
プチ・オープンガーデン(??)をすることになったので
特にバラの葉の整理を頑張りました。
出開きの芽を掻いたり、ブライドの枝をカットしたりして、全体をすっきりとさせました。
めんどくさいですが、コレをすると風通しがよくなるので虫や病気の予防、
ブラインドからは新たに花が期待できます。
いよいよ彼らが来る日も決まったのでどんなおもてなしをしようかなぁ~
お天気がよく、バラも沢山咲いてくれているといいな♪

上の写真はまるで市原悦子さんのように私の行動をチェックしているナナ。
お庭のバラが咲きだしたので雨間をぬって何枚か写真を撮っているところを
じぃ~っと監視しています(笑)
また今年も我が家のバラをみなさんにご紹介したいなと思っています。
バラ・ネタが続きますがお付き合いくださいませ・・・
さて、ナナと一緒に写っているのはイングリッシュローズのアンブリッジ・ローズ。
とても女性受けがよい人気のバラです。
今年はいつもの年より元気! 鉢替えしたのがよかったのかな?

d0142043_1783532.jpg


毎年、うちの一番バッターを務めているのがイングリッシュローズ・
メアリーマグダレン。
陶器のような質感の花びらがとてもきれいなんですよ。
こちらも今年は超絶好調!!
ツボミがついていない枝がないほどワンサカ花をつけてくれました。
“秘薬”が効いているせいかも・・・







d0142043_1784449.jpg
こちらは、いつもよりスタートダッシュが早いハッピーチャイルド。
イングリッシュローズにしては珍しいパッキリとした黄色です。
あんまり市場に出回らない品種ですが私はこのまぶしい黄色が大好き。
咲くとぱぁ~っとあたりが明るくなるんですよ。


d0142043_14371218.jpg
先日頂いたデカレモンを使って
レモン・マーマレードを作りました。
その出来上がったマーマレードでレモン・ケーキを焼いてみました。
こちらは、職場に差し入れします。
[PR]
# by fleurdefleur | 2009-05-08 00:08 | 薔薇&ガーデニング

ニュースは本当

d0142043_1562434.jpg

今年もラベンダーが咲きました。
ラベンダーには色々種類があって香りを楽しむもの、花姿を楽しむものなどありますが
うちのは、フレンチラベンダーという種類のもので、花姿を楽しむ種類です。
紫のウサギの耳のような苞がカワイイでしょ♪

さて・・毎年、ラベンダーが咲くと沢山のミツバチがやってきて
蜜集めはもちろん花粉団子作りにせっせといそしんでおりました。
なのに今年は一匹も来ない・・・
見かけたのは大きなクマバチだけ・・
(クマンバチ(スズメバチの俗称)と間違えられますが、クマバチは花の蜜を吸うおとなしい蜂です。)
最近、ニュースでミツバチがいなくなって大変だとやっておりましたが
やはり、本当にいないみたい。
いなくなった理由もいくつかあるみたいですが、コレが原因というものは
はっきりしないみたいですね。
ミツバチは人間にとっても、植物にとっても有益な昆虫なので
以前のように戻るといいなと思います。

d0142043_1563234.jpgこちらは職場の方からいただいた、完全無農薬・デカレモン。
官舎の庭にレモンの木があって、そちらで実ったものだそうです。
普通のレモンの4倍くらいありそうなくらい大きいのですよ!
でも、私が頂いたのは小ぶりなもので、一番大きかったのはボーリングの玉くらいありました。
あまりの大きさに、遺伝子改変・レモンだったりして~なんて職場柄、まんざら嘘でもなさそうなジョークを言ったりしてました。
一番大きなレモンを頂いた方はレモン酒を作るとのことでしたが、私は何を作ろうかな?
[PR]
# by fleurdefleur | 2009-04-26 23:58 | 薔薇&ガーデニング